ロゴ

失敗せずに分譲住宅を買うプロセス【初心者さん向け講座】

>Column>分譲住宅を買おう「住心地をイメージすることが大切」

分譲住宅を買おう「住心地をイメージすることが大切」

部屋

暮らしの動線も選択基準

注文住宅と違い、分譲住宅は契約後に家を建てる訳ではありませんので、岡崎市でも既に完成済みの物件が見られます。そこで、急いで引っ越さなければならない時は、購入後に直ぐ入居可能な物件を探すのが上策です。また、岡崎市で分譲住宅を内見する際は、洗濯や炊事など、日常の生活動線を考えながらチェックすると良いでしょう。毎日の用事が行いやすい家を選びますと、暮らし始めてからの家事が楽になります。そのほか、クルマをご所有なら車庫入れの容易さや、屋根の有無など、ガレージ関連も選定基準に加えましょう。特に出入り口付近の確認が大切で、ブロック塀や電柱などが邪魔になっていないか、キチンとお確かめください。面積的には余裕でも、ガレージの間口に電柱などがありますと、車庫入れの際、ミリ単位の運転技術が求められる場合があるかもしれません。購入してから気付いたのでは遅いため、無視できない重要な選定ポイントです。

間取り図

挨拶は大事

売買契約が済み、いよいよ岡崎市の分譲住宅へ引っ越すことが決まりましたら、ご近所への挨拶も考えておきましょう。できれば引越しの数日前には近隣の家へ挨拶に回り、引越し作業中にお騒がせする旨など、予めお詫びの一言を加えておくのもマナーです。日時なども伝えておきますと、引越し当日にクレームなどが入るのを、極力抑えられるようになるでしょう。その際は必要に応じてゴミの収集場所を確認しておくほか、ゴミ置き場に該当しているお宅へは、これからゴミを置かせてもらう言葉も添えておきます。分譲住宅は賃貸と違って気軽に引っ越すことはできませんので、岡崎市で気持ち良く生活を始めるためにも、ご近所への挨拶を粗略にしないようにしましょう。